沿革

1969.02 ソフトウェアの受託開発を目的として千代田区麹町にて、
株式会社国際プログラムサービスとして設立
1977.03 汎用大型コンピュータ用日本語辞書、姓名カナ漢字変換システム、
住所カナ漢字変換システムを相次いで開発・販売
1980.09 業務用高級言語「CUSTOM」開発
1983.04 本社を千代田区九段に移転
1983.06 NEC PC-9801対応の統合化日本語OAツール「NOAT/1」を開発・販売
1986.12 NEC PC-98LT用ハンディデータベース「HALLOA」を開発・販売
1989.01 本社を新宿区百人町に移転し、社名を株式会社ケーピーエスに変更
1991.02 通産省のSI登録企業となる
1994.10 PC-LANで構築するデータエントリーシステム、「KPSLANDES」を開発
1999.11 イメージエントリー機能搭載データエントリーソフト「Super Entry」の販売を開始
2001.01 マクロ機能、イメージエントリー機能搭載PCデータエントリーソフト
「WINDEX-Pro」の販売を開始
2003.09 JavaによるWeb開発方法論として「KPS:Java-Web開発プロセス」を発表
2004.01 環境保全の取組みを宣言
2006.01 コンポーネント開発を導入した「KPS:Java-Web開発プロセス」に更新
2008.04 情報セキュリティ管理システムISO/IEC27001(ISMS)の認証取得
2010.12 セールスフォース・ドットコム社とOEMパートナー契約を締結
2011.01 セールスフォースのクラウドソリューションとして、不動産業向け顧客管理システム
「顧きゃく録」の販売を開始
2012.05 セールスフォース環境の帳票印刷開発クラウドソリューションとして、
「ReportsConnect for Salesforce」の販売を開始
2013.12 kintone環境の帳票印刷開発クラウドソリューションとして、
「ReportsConnect for kintone」の販売を開始